株式会社シロキ 環境ソリューション事業部

本社:

〒464-0857

愛知県名古屋市千種区千種3-25-19

TEL (052)744-1534

FAX (052)744-1503

東京本店:

〒105-0001

東京都港区虎ノ門一丁目1番3号
磯村ビル2階

TEL (03)3597-7728

FAX (03)3597-7730

大阪支店:

〒550-0003

大阪府大阪市西区京町堀2-7-6

TEL (06)6443-5653

FAX (06)6443-5808

九州営業所:

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名1-14-45
Q'izTENJIN

TEL (092)713-5151

FAX (092)713-5160

フォークリフトのバッテリー再生でバッテリー交換をコストダウン 株式会社シロキ

 

フォークリフトのバッテリー再生でバッテリー交換をコストダウン

TOP > フォークリフトのバッテリー再生でバッテリー交換をコストダウン

電動フォークリフト用再生バッテリー(リビルドバッテリー)

フォークリフトバッテリーの交換費用を安く

一般的なフォークリフト用バッテリーの寿命は、4~5年(使用状況により変化)、劣化したバッテリーを新品バッテリーに交換するとき、「バッテリーの交換コストを安くしたい」「安いバッテリーを使いたい」と考えたことはありませんか?

高コスト、ムダの発生!

  • 不調になったバッテリーは、国産新品バッテリーに交換

    バッテリーが高い!

     
  • 国産新品バッテリーはフォークリフトのリース期間や残余使用年数を考慮できない
    (バッテリーがまだ使えるのにリフト交換...なんてことも)

    ムダの発生!

     

シロキがおすすめする、リビルトバッテリー

  • 不調になったバッテリーは、再生バッテリーに交換

    バッテリーが安い!

     
  • 再生バッテリーはフォークリフトのリース期間や残余使用年数を考慮できる

    ムダがなくなる!

     
  • 再生バッテリーは、新品のバッテリーの製造時と比較して消費するエネルギーもわずか4.7%、CO2排出量もわずか6.0%で製品化されます

    環境にもやさしい

     

低コスト、低ロス、環境にもやさしい

例えばこんな使い方!
●従来のバッテリーとの交換で、フォークリフトの維持にかかる費用をカット!
●フォークリフトの残余年数を考慮して再生バッテリーに交換

残余年数の少ないフォークリフト、近い将来買い換える予定のフォークリフト・・・。

これらのリフトへ新品バッテリーを搭載するのはもったいない!

再生バッテリーなら、フォークリフトの残余年数に見合ったお得な交換も実現できます。

●局所的な繁忙期に備え、予備バッテリーとして導入

たびたび仕事量の多い日があり、途中で補充電をしないと荷物をさばききれない・・・

そんな会社様、純正バッテリーよりもお手頃な再生バッテリーを、予備バッテリーとして導入してはいかがでしょうか。

例えばこんな使い方!
現在お使いのバッテリーをベースにバッテリーを再生します

「持込再生バッテリー」は、お客様にて現在お使いになっているバッテリーをベースに、バッテリーを再生するサービスです。

2~3週間ほど、バッテリーをシロキにてお預かりし、再生バッテリーとして仕上げたものを納品いたします。

バッテリーをお預かりする関係上、お客様のフォークリフトの使用状況等を考慮し、お打ち合せの上、再生スケジュールを設定いたします。

まずはご相談下さい。

新品バッテリーとリビルトバッテリー(再生バッテリー)の違い

抜群のコストパフォーマンス

通常の国産バッテリーの価格と比較して

国産の新品バッテリーと比較すると、リビルトバッテリーは約3分の1の価格で、オリジナルバッテリーは約3分の2の価格でご購入できます。リビルトバッテリーは稼動頻度の比較的少ない場合やリース期間・残余使用年数が短い場合に、オリジナルバッテリーはハードな稼働環境で使用される場合に最適です。

オリジナルバッテリーとは、海外より輸入したバッテリーセルを使い、バッテリー技術を活用して、弊社の協力会社が国内で製造した、低価格・高品質の新品バッテリーです。

新品と比較して、リビルトバッテリーの価格は1/3 寿命は半分

フォークリフトとバッテリーはそれぞれ寿命の長さが異なります。フォークリフトの稼動状況やリース期間・残余使用年数に合わせたバッテリーをお選びいただくことで無駄なコストを削減することができます。

左上の「購入」とは、フォークリフトの新車購入を表します。新車でフォークリフトを購入した際は、国産の新品バッテリーが予め搭載されています。

<フォークリフトの平均寿命>
フォークリフト本体の寿命は平均して10年です(使用状況により変動します)。
多くのリフトユーザー様は、リフトの寿命を迎えたら、搭載しているバッテリーごと新車と交換しています。交換後のリフトは、状態によって、中古リフトとして国内・海外で販売されるか、廃車となっています。廃車の場合、搭載バッテリーも産業廃棄物として処分され、リサイクルされています。
<国産新品バッテリーに交換した場合>
リフトの寿命に対し、バッテリーの寿命は平均して4年です。
平均モデルでは、10年間リフトを使用する間に国産新品バッテリーを2回、新品に交換します。このモデルでは、まだ寿命を迎えていない、充分リフトを稼動させることができるバッテリーが、リフトとともに新車に交換されていることになります。つまり、コストの高い国産新品バッテリーを3台購入しながら、うち1台をまだ使える状態で廃棄していることになるのです。
<シロキのオリジナルバッテリーと再生バッテリーをご活用頂いた場合>
搭載バッテリーが4年の寿命を迎えたら、残りの6年間、リフトをシロキのオリジナルバッテリーと再生バッテリーをご活用下さい。オリジナルバッテリーは、国産新品バッテリーと変わらない寿命でありながら、価格は国産新品バッテリーの約3分の2でご提供できます。また、再生バッテリーは、寿命は国産新品バッテリーの半分ではありますが、購入費用はその約3分の1に抑えられます。
<平均よりもバッテリーの寿命が長い、あるいは短いユーザー様へ>
リフトの稼働時間が短い、また、充電やメンテナンスをしっかりされているような、使用状況のよいユーザー様においては、バッテリーが平均寿命より長く持つこともあるかと思います。逆に、ハードな使用環境で、平均よりも早くバッテリーが寿命を迎えるユーザー様もおられるかと思います。
搭載バッテリーが寿命を迎えたら、ぜひ当社へご用命下さい。当社の営業が、お客様が今後のリフト使用プランを伺った上で、環境面・コスト面の両方を考慮し、貴社のご要望に最適なバッテリーのご提案をいたします。

バッテリーのリユースがもたらす環境効果

  1. 廃棄バッテリーの削減
  2. バッテリー製造時のエネルギー消費量を大幅削減
  3. バッテリー製造時に発生するCO2の大幅削減

 

電気容量

製造・再生時のエネルギー消費量

原油700リットル=ガソリン784リットル
平均燃費 11.6km/リットルとして約9,000km
本州を約2周できる計算になります。

<条件>
2000cc 普通自動車 年間10,000km走行
本州を外周高速道路に沿って走ると約4,500km

製造・再生時のCO2排出量

●CO2排出量(1,200kg)の指標
・一般家庭一世帯が約3ヶ月間で排出するCO2量
(1年間で平均5,500[kgCO2/世帯])
・50年生のスギ86本が1年間に吸収するCO2量
(1本当たり平均約14 kgのCO2を吸収として)

情報元:全国地球温暖化防止活動推進センター、
省エネルギーセンタ

バッテリー再生の流れと技術

バッテリー再生の流れ

バッテリー再生の流れ

バッテリー再生劣化の原因

バッテリーの能力低下の原因は、バッテリーのセルバランスが失われることにあります。セルバランスが失われる原因は様々です。
弊社では、独自に研究開発したバッテリー診断再生機により、バッテリー劣化症状に対して最適なパターンで再生できますので、セルバランス喪失の諸原因に幅広く対応できます。

バッテリーの劣化状況に合わせた再生方法

バッテリーの劣化状況に合わせた、セルバランスを調整しながらの再生方法です。セルバランスを監視・調節しながら、パルス電流を充電電流に重ね、充電―放電を繰り返し行います。
バッテリーの通常使用の状態に近く、バッテリーにとって余計な負荷をかけない優しい再生方法で、バッテリー再生率・品質の向上を実現しました。

高度な診断・加工再生技術を駆使したリビルトバッテリーは高品質で、環境にとても優しい製品

バッテリーのリユースで環境負荷がさらにダウン!!

シロキのフォークリフトバッテリーはココがスゴイ!

次のコンテンツのご紹介
  • -バッテリーのコスト削減を実現する-
    フォークリフト用バッテリーのリユースシステム
  • -使用済みバッテリーを買い取ります-
    フォークリフトバッテリーの買取サービス